記事 : 工房見学

工房 先の日曜日(11日)に日本陶磁協会三島支部の方達20名程が、我が陶房へ見学に見えた。お世話になっている、ロバート・イェリンさんが今回は案内役にたたれていました。
 古窯や古陶磁の見学の為に美濃へ見えたようです。我が家には、父の古窯研究も兼ねて作られた、織部用に元屋敷式の割竹式連房窯と志野用の半地下式大窯があるので、一通り説明しながらご案内しました。
 割竹式の窯で今も焼いている方はほとんどいないので、面白く見学されたように思います。
 しかし、20名程のかたがたを相手に説明するのは、慣れてないせいか、ちょっと大変でしたが、あっという間に時間が過ぎて私自身も楽しい時を過せました。

記事 : 大日本茶道学会

茶道学会 7月に高崎で開かれる、母との二人展の件にて、仙心会にてお世話になっている、大日本茶道学会の事務局と連絡をとってみたところ、ホームページが開設されている事を初めて知りました。(気づくのが遅すぎ)
 大日本茶道学会について歴史とか、どういう理論にて茶道をとらえているのかというものに興味を持たれる方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

大日本茶道学会
http://www.santokuan.or.jp/